開発を担当したiOS/Androidアプリ「ぜんそくリスク予報」が公開されました

弊社でiOS/Androidともに開発を担当したアプリ「ぜんそくリスク予報」が公開されました。

日本気象協会様、JMDC様のプレスリリースはそれぞれ以下の通りです。

日本気象協会
日本気象協会とJMDC スマートフォン向けアプリ「ぜんそくリスク予報」を提供開始 ~「Health Weather(R)」サービス 第1弾~

株式会社JMDC
「ぜんそくリスク予報」スマートフォン用アプリケーションを無料で提供開始

「ぜんそくリスク予報TM」をスマートフォンで簡単に確認することができるアプリで、小児ぜん息患者およびそのご家族向けに、気象変化に伴うぜんそくリスク度をお知らせすることで注意喚起を促すことを目的としています。

というわけでして、単なる天気予報のアプリではなく、ぜんそくリスクの予報も一緒に表示され

ユーザー登録することで、ぜんそくの症状や服薬状況を記録することができます。この記録画面がチャット風なのが一番のポイント。

また、マイクに向かってしゃべることでその時の元気度をチェックすることもできます。

詳しくは上記プレスリリースや各ストアを見ていただければと思いますが、天気と健康に関するアプリ、無料ですのでお試しください。